個性的な同級生たち

服飾系学校ならではの光景

020_10241
私の同級生には個性的な人がとても多い印象を受けます。
今では慣れてしまいましたが、入学した当初はかなり個性が強い人達ばかりの印象を受けて圧倒されていました。
他の学校に通っている高校時代の友達に、現在の専門学校の友達を紹介したところ、後で「噂通り個性的な友達だね」と言われたほどです。
そんな個性的な同級生たちの一部をご紹介します。

ファッションが個性的

服飾系の専門学校生は個性的なファッションを好む人が多いです。
自分でデザインをして作っている人が多いので、市販されている商品には存在していない個性を持っている人がとても多いです。
私も自分で洋服を作ることがありますが、私の感性では真似できないなという洋服を簡単に作ってしまう友達がいます。
例えようがないほど個性的なファッションなので、全く知らない人からはあまり近寄りたくない人だと思われる事が多いと言っていました。
ファッションはかなり明るい色合いを好んでいるのに、実際には性格がかなりおとなしいという子もいますし、逆にファッションは暗い色合いを好んでいても性格はかなり明るいという子もいます。
ファッションセンスは人それぞれで、個性が強く出ているなと感じています。
ただ個性的というだけでなく、自分の特徴を捉えて上手に着こなししているので、ファッションセンスがとても良いなと思います。
やはり服飾系の専門学校に通って専門的な勉強をしているからこそ、個性的なファッションでも上手に着こなしできるのでしょう。

性格が個性的

性格に関しては服飾系の専門学校生に限らず、どんな学校でも同じことが言えると思いますが、ちょっと変わった性格をしているなと感じる人もいます。
一緒に勉強している同級生の輪に絶対加わろうとしない人がいるのです。
私たちも決して仲間外れにしているわけではなく、何か事あるごとに誘っているのですが、なかなか輪に入ろうとしません。
とにかく一人で過ごすことを好んでいるので、人と関わりを持つことを避けているように感じられます。
でも、話をしてみると至って普通の人なので、単純に人と群れるのを好まないのかもしれません。
私達にとっては個性的な性格だなと感じるかもしれませんが、当人にとってはそれが至って普通のことなので自分の性格が変わっているとは思っていないはずです。

嗜好が個性的

人とは違った感性を持っている人が多いので、嗜好性が個性的だなと感じる人もいます。
例えば好きな男性のタイプという話になった時に、顔を重視するとか性格を重視するなどの意見が多い中で、胸毛がモジャモジャしている人が好きとか、弱々しそうな人が好きなど明らかに少数派の意見を言う人がいます。
変わった好みだねとツッコまれる人が多いのも、服飾系の学生によく見られる光景なのかなと思っています。

About

Categories: 学校