カテゴリー: 学校

Next Page

色彩のべんきょう

ファッション関連では必須スキル

専門学校で勉強する内容に色彩のスキルがあります。
色に関するスキルはファッションを語るうえで必要不可欠な知識になります。
様々な色がもたらす効果を知っておくことで、ファッションに活かすことが可能になるのです。
色彩のべんきょうをした成果を発揮するために、色彩検定を受験してみようと考えています。

色のはたらきとは

色が持つイメージは私達の生活でも様々な効果をもたらしてくれます。
例えば赤色を見るとどんなイメージが湧いてくると思いますか?
一般的には情熱的で活発なイメージを与えると言われていることからプラスイメージを抱く方も多いはずです。
その反面で血液の色を連想させることから、何となく危険というマイナスなイメージを抱く方もいます。
これらの違いはその時の心理状態によっても左右されると考えられます。
赤色の服を着ている人を見て、プラスに感じるのかマイナスに感じるのかによって、現在の自分がどちらの心理状態に傾いているのかを知ることもできるのです。
色について勉強をしていると、本当に奥が深いなと実感しています。
もっと色彩のことについて知識を深めていきたいと思っているのと同時に、自分が今持っている色彩に関するスキルを試したいので色彩検定の受験勉強もしています。

色彩検定とは

日本には色彩に関する検定試験はいくつか存在していますが、色彩検定は文部科学省が後援している技能検定です。
国家試験ではなくても、政府機関が後援している試験であることから、色彩に関する専門的な知識を持っていると認められる権威がある資格だと考えることもできます。
3級から1級までレベルが分かれていますが、特に受験資格がないことからどの等級からチャレンジしても良い事になっています。
それでも最初は基礎的な知識をしっかり習得してから上級にチャレンジした方が良いので、3級からチャレンジすることをおすすめします。
3級では色彩に関する基本的なスキルの習得を確認しています。
おそらく服飾系の専門学校に通っている私と同じような環境の人なら、一発合格を目指すことは十分可能です。
合格率も70%以上は確保しているので、しっかり勉強をしていれば決して難易度は高くありません。
2級になると3級の基礎的な部分を含めてより実践的な内容の習得を目指します。
若干難易度はアップしますが、それでも合格率は60%以上あるので、地道に勉強をしていれば良いです。
1級になると更に専門的なスキルの習得が必要になり、合格率は30%前後と難易度が飛躍的にアップします。
過去問題も参考にしながら、確実に合格を目指すための勉強を重ねなければいけません。
私も3級からチャレンジをして2級、1級へとステップアップを目指すつもりです。

Categories: 学校
やる気の出ない日

どうにも気分が乗らない…

時々、何をやってもやる気の出ない日ってあるものですよね。
私は2~3ヶ月に一回くらいの周期で、何に対してもやる気が湧かなくなるという日がやって来ます。
本当は学校へも行きたくないけど、頑張って学校へは行くようにしています。
無理やり学校へ行っても当然ながらやる気が湧かないので、授業中もボーっとしながら先生の話を聞いています。
友達とも会話をしていますが、話の内容は頭に残らず耳から通り抜けてしまうような状況になります。
このような状態のまま過ごしていてはいけないと、何とかやる気を出す方法を考えてみました。

とにかく動く努力をする

何もやる気がない時は、何もしないで過ごすのが一番良いと思い込みがちです。
何もしないまま過ごしていては、更にやる気をなくしてしまうので全く改善効果は見込めません。
やる気が無い時だからこそ、できるだけ体を動かす努力をすることが大切だと言われています。
そこで私は家事をするように心がけています。
トイレ掃除を念入りにやってみたり、お風呂をピカピカに磨いてみたり、部屋の隅々までキレイに掃除をするなどの家事を積極的に実践するようにしています。
体を動かす努力をしていると、次第に頭の中でやる気スイッチが入るようになるのです。
気分転換になることがやる気を沸き立たせる結果に繋がるのでしょう。
私の場合はやる気が無くなったタイミングが一番部屋もキレイになる時期です。
部屋のほとんどがキレイになった頃には、やる気のない自分とはおさらばしている事が多いです。

目標を掲げてみる

それでもやる気がなかなか湧かない時には、目標を決めるようにしています。
例えば漠然と痩せたいと思っていても、途中でやる気が湧かなくなってしまうのは目標にする数値が定まっていないからです。
具体的にあと5キロ痩せる、あと2ヶ月で痩せる、あと1ヶ月は間食を一切食べないなどの目標を設定していれば、何とか達成しなければいけないとやる気がアップしてくるはずです。
目標を達成するためには具体的にどのような努力が必要になるのかと考えているうちに、少しずつ上昇志向になりやる気が出てきます。

好きな事をする

色々試行錯誤してもダメな場合には、とにかく好きな事をして過ごしています。
無理をしてやる気を出そうと思うほどプレッシャーを感じてしまうので、そんな事を忘れるくらい夢中になれる自分の好きなことをして過ごすのが大事だと思っています。
実際にしばらくゲームに没頭しているうちに「何に対してやる気が出なかったの?」と感じられます。
ゲームの世界に入り込むほど、現実での悩みがいつの間にか吹き飛んでしまうのです。
ゲーム以外にもサッカー観戦や食べ歩きなど自分の好きな事がやる気の出なかった自分を忘れさせてくれます。

Categories: 学校
雑誌を買ってみました

講師の先生が活躍!

私が通っている専門学校で講師を勤めている先生は、あるファッション雑誌でもスタイリストとして活躍している方です。
その先生が関わった雑誌が発売されることになったと聞いたので、雑誌を買ってみました。
素敵なモデルさんが数多く登場している雑誌なので、かなり知名度が高いと思います。
そんな素晴らしい先生に指導してもらっている私達は本当に幸せだなと感じています。
雑誌の撮影を行う際の裏話を聞くこともできました。

モデルさんの事

ファッション雑誌に欠かせない存在がモデルさんです。
ただ洋服を撮影するのではなく実際にモデルさんが着用しているからこそ、洋服の素晴らしさが伝わるのです。
色々なモデルさんが存在している中で、どのような洋服がそれぞれのモデルさんに似合うのかを考えながらスタイリストの仕事をしていると教えてもらいました。
モデルさんによってイメージが異なるので、洋服の選び方がとても難しいそうです。
逆に、その人のイメージとはかけ離れた洋服を選ぶと、今までのイメージを払拭できて新しいモデルさんの魅力を引き出すこともできるそうです。
実際にモデルさんからもお礼を言われることがあるそうです。

モデルさんの中には私服のイメージと、モデルとして活躍している時のイメージが全く違うという人もいるそうです。
基本的にモデルさんはおしゃれな人が多いというイメージが強いと思いますが、自分でコーデをするのが苦手なので私服のコーデもスタイリストにアドバイスを求める方もいるようです。
自分自身で感性を磨けば良いのですが、何でも人任せにするクセが身に付いているのかもしれませんね、というのは私の個人的な感想です。

カメラマンさんの事

雑誌用の写真撮影を行っているカメラマンさんは、それぞれの性格がよくわかるそうです。
温厚な性格の人はモデルさんに声をかける時にもかなり優しい言葉使いなのですが、明らかにキツイ性格の人は言葉使いもかなり汚いそうです。
仕事の進み具合によっては他のスタッフにも当たり散らすような人もいるので、一緒に仕事をする時にはかなり気を使っているそうです。
場合によってはモデルさんにまで厳しい言葉を投げかける人もいるようなので、周囲のスタッフは極力スムーズに仕事が終わるように配慮しているとのことでした。
相性の良し悪しがかなり分かれるため、厳しい性格のカメラマンさんと一緒になる仕事の時には数日前からピリピリしながら緊張しているそうです。
それでも、カメラマンとしての腕は確かなので、尊敬している部分も多いそうです。
ちなみに仕事では厳しくても普段は温厚な方が多いそうなので、仕事が終わった後に一緒に食事をしながら過ごすこともあるそうです。

Categories: 学校