カテゴリー: 未来

アパレルのおしごと

夢を実現させたい!

専門学校を卒業後にはアパレルのおしごとをしたいと考えていますが、どんな仕事内容なのかイマイチわからない部分が多いのも事実です。
実際に私がお店で接しているアパレル店で勤務しているスタッフさんの様子を見ていると、お客さんに洋服をおすすめしているか、乱れた洋服を整えているかという仕事内容に感じますが、実際には他にも色々な仕事内容をこなしているそうです。
私もアパレル店員として勤務することになった時に備えて、知っておきたいことをまとめてみました。

アパレル店員の仕事内容

基本的な仕事内容は、私が思っていたようにお客さんに洋服をおすすめして販売することや、売り場の商品をチェックして整理整頓をすることが基本です。
これらの仕事はアパレル店員の仕事で大きな部分を占めていると言っても良いでしょう。
その他の仕事としては、仕入れをした商品を確認してタグを付ける作業も行っています。
これはお客さんが見ている前で行う作業ではなく、裏方的な仕事になりますがとても大事な仕事です。
万が一タグを付け間違えるとお店に大きな損害を与えてしまう可能性があるので気を抜くことができません。
また、商品の在庫管理も大事な仕事になります。
定期的に在庫の整理をして、季節ごとに商品を入れ替えする作業を行います。
できるだけ仕入れをした商品を全て完売させるのが目標なので、売れ残ることがないようにしっかり在庫管理をして売り切ることが大切です。
経験を重ねるほど重要な役職に就くことができる可能性が高く、売り場の責任者に指名されることも考えられます。
責任のある立場になれば、他のスタッフに指導する立場になることから、大変だけどやりがいを感じられるようになるはずです。

アパレル店員の適性

アパレル店員になるためには、お店に採用してもらうのが前提になりますが、誰でも簡単にアパレル店員になれるとは限りません。
それなりに適性がなければアパレル店員として仕事を続けるのが難しいと考えられます。
まず大事な要素が初対面の人でも臆すること無く会話を楽しめるかということです。
アパレルショップにはたくさんのお客さまが来店されますが、適切な対応で接客しなければ店の評判を落とす結果に繋がります。
人見知りで他人と会話をするのが苦手という方が接客をしても、お客さまにとっては不快な思いをさせる原因になるので注意が必要です。
仮に他人と会話をするのが苦手という方でも、ファッションが好きな方ならあまり苦労をせずに会話ができるはずです。
好きなファッションの話でお客さまと盛り上がることができるので、案外楽しみながら仕事に従事できます。
万が一、人と接する事に対して自信を持てないという方でも、ファッションが本当に大好きなら適性があると言えるでしょう。

Categories: 未来